不妊治療を受けて妊娠する|ハローマイベイビースタイル

医者

治療費を把握する

病院によっても違う検査や治療のお金

妊婦さん

「不妊治療がお金がかかる」と聞きますがその理由として、不妊治療で行われる検査や治療には保険がきかないものが多くあるからです。中には保険適用内もありますが、回数や期間に制限があるなどすべての検査に保険を適用させるのは難しいものです。保険適用外の検査などの料金は当然自費となり、積み重なると結構な金額となってしまいます。 さらに同じ検査でも施設によって保険適用内か適用外で分かれてしまうのです。 またおおもとの金額設定が病院によって違うこともよくあります。保険適用外の体外受精がある病院では1回25万円というところもあれば、一方では70万円という病院もあります。 「病院の都合上」と言ってしまえばそれまでですが、患者は割り切るしかありません。

経済的負担を軽減するための制度

このように高額で保険適用外の内容が多く含まれる不妊治療をする人の経済的負担は大きく、それによる身体的・精神的負担も増大してきます。 その中で少子化対策の一環として「不妊治療費助成制度」があります。自治体によって助成内容は違いがありますが、患者当事者がこの制度を有効活用していかなければ、申請利用者数が少ないということを「不妊に悩む人が少ない、患者は少なく治療を受けている人も少ない」と捉えられ予算が削られてしまう可能性もあります。 高額の治療費からすれば少ない額かもしれません、また手続きが煩雑など躊躇する人もいるかもしれませんが、助成対象になるのなら今後不妊治療を受ける人たちのためにも、将来に向けて制度が良い方向へ改善されることへの望みを託すことができます。保険適用へ移行されるように申請、利用をしていくことが大切なのです。